LEX TALION

LEX TALION

Biography

Lex Talion is a Viking / Folk Metal band from the city of La Plata, Province of Buenos Aires, Argentina. It originated in 2010, as a one-person project (Ramiro J. Pellizzari). Then they entered the project Elías Gonzalez Bader (bass) and Federico Vogliolo (vocals) and during this process the style was defined. With varied influences from different subgenres of Metal and symphonic passages, a musical balance was achieved with its own identity, together with lyrics that range from social claim, to paganism and Scandinavian mythology. In 2012 they released their first full length, “Funeral in the Forest”, obtaining interviews and reviews of magazines such as Metal Hammer (Germany) or Dark City (Russia), among many others. In 2013, the band signed their first record deal with the Russian label “Metal Renaissance Records”, who distributed the material through Russia and other countries. The album was also sold in Japan and other Asian countries. Between 2014 and 2016 the band, already complete with the entrance of the drummer Lautaro Rueda and the keyboardist Daniela Martínez, begins to appear in different festivals and recitals, having a pleasant response from the public. In 2017 the new bassist Manuel Luna joined and the band released a promotional EP entitled “Nightwing” to liven up the wait for their second studio album, which has a more produced sound, completely different from its predecessor. At the end of 2017, they release a video clip with the recording session of the new album, choosing one of the themes that will complete the setlist, called “King of Death”, with which it is expected to show labels and distributors the final sound that will have the next album. At the end of 2018, the second studio album titled SONS OF CHAOS comes out in digital format and is available on all platforms.

Lex Talionはアルゼンチンのブエノスアイレス州ラプラタ市出身のバイキング/フォークメタルバンドですそれは、一人のプロジェクトとして、2010年に始まりました(Ramiro J. Pellizzari)。そして彼らはプロジェクトElíasGonzalez Bader(ベース)とFederico Vogliolo(ボーカル)に入り、この過程でスタイルが定義されました。 メタルのサブジャンルと交響曲のさまざまなサブジャンルからのさまざまな影響を受けて、社会的主張から異教主義やスカンジナビアの神話に至るまでの歌詞とともに、独自のアイデンティティによって音楽のバランスがとれました。 2012年、彼らは最初の完全版「Funeral in the Forest」をリリースし、Metal Hammer(ドイツ)やDark City(ロシア)などの雑誌のインタビューやレビューを受けました。 2013年に、バンドはロシアと他の国を通して材料を配ったロシアのラベル「メタルルネッサンスレコード」との彼らの最初のレコード取引に署名しました。 アルバムは日本や他のアジア諸国でも販売されました。 2014年から2016年の間に、すでにドラマーのLautaro Ruedaとキーボード奏者のDanielaMartínezが揃ったバンドが、さまざまなフェスティバルやリサイタルに出演し始め、一般の人々から好意的な反応を得ました。   2017年には新しいベーシストのManuel Lunaが加わり、バンドは前作とは全く違う、よりプロデュースされたサウンドを持つ彼らのセカンドスタジオアルバムの待ち時間を盛り上げるために “Nightwing”というタイトルのプロモーションEPをリリースしました。 2017年の終わりに、彼らはセットアルバムを完成させるテーマのうちの1つを選んで、新しいアルバムのレコーディングセッションをリリースします。次のアルバム。 2018年の終わりには、SONS OF CHAOSという2枚目のスタジオアルバムがデジタルフォーマットで発売され、すべてのプラットフォームで利用可能になりました。


Members

-Federico Vogliolo  (Vocal and Guitar)
-Ramiro J. Pellizzari (Vocal and Guitar)
-Manuel Luna (Bass)
-Lautaro Rueda (Drums)